【機械学習】scikit-learnのインストールと環境構築(pyenv+anaconda)

pyenv + anaconda

簡単な環境構築といえばこれ!
pyenvpythonpipの環境をコマンド一つで変更できるツールです。

anacondapythonの良く使うライブラリがごそっと入った環境パッケージになります。
使わないライブラリも多いですが、いちいち用意するのがめんどくさい場合はanacondaを使えばだいたい必要なライブラリは入ります。

Mac
brew install pyenv
CentOS等
yum install pyenv
Ubuntu等
apt-get install pyenv

pyenvがインストールできたらpyenvanacondaをインストールします。

以下のコマンドでanacondaのバージョンがリストされるので、最新のものを入れます。
python2系anaconda2、python3系anaconda3から始まります。

インストールできる環境リスト
pyenv install --list | grep anaconda

以下のようにするとanaconda環境を構築できます。

anacondaインストール
pyenv install anaconda3-5.1.0

構築できたら環境を変更します。
環境変更もコマンド1行でできます。

環境変更
pyenv global anaconda3-5.1.0
元に戻す場合
pyenv global system

とやると元の環境に戻ります。

anaconda環境に変更したらpipscikit-learnをインストールします。

pip install scikit-learn

これでscikit-learn環境は構築できました。
簡単ですね!

もちろん、元の環境にはscikit-learnは入っていないので、scikit-learnimportしてみるとエラーが出ます。

元の環境も汚れないし、環境の削除もコマンド1行なので楽ですね。

pyenv uninstall anaconda3-5.1.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です