セキュリティ・キャンプ全国大会に参加した話
+合格する必勝法

こんにちは( ̄▽ ̄)
じょーじです!

今回は技術的な話ではなく、「セキュリティキャンプ全国大会 」に参加した話をしたいと思います。

きっかけ

ええ、もちろん何事にも「きっかけ」がございます。

私は元々セキュリティやインフラ、ネットワークなどに興味があり、研究室もそれらを専攻している所に入りました。

もちろん、元々興味があったのですが、恵まれたことにセキュリティキャンプを知ったのは大学1年の講義でした。

授業は体育。


えっ、体育っ!!??

そう、体育なんです。笑
笑っちゃいますよね。

体育で一緒だった先輩に教えてもらいました。
その先輩は本当にすごい人なので、リンク貼っておきます。

何も関係ないと思うとこから出会いは降ってくるものだと改めて感じますねー笑

まぁ知ってから月日が経って、、、3年後
はい、行くことを決意しました!笑

行くのが怖くて怖くて。笑

合格するまで(必勝法)

セキュリティキャンプ全国大会はビッグイベントです。
もちろん選考があります。

4月下旬〜5月上旬に課題が提示され、1ヶ月程度の期間が設けられます。
トラックが複数あり、トラックごとに課題が違うので、受けたいトラックの課題を解きます。

認知度が高くなっているせいか、年々課題が難しくなっていると感じます。

私は「脆弱性・マルウェア解析トラック」に申し込みました。
2018年の課題はこちら
参考 セキュリティ・キャンプ全国大会2018 応募課題IPA独立行政法人 情報処理推進機構

簡単、難しい、思うことは人それぞれだと思います。
でもググったり本を読んだりして自分なりに勉強すればほとんど解けます。

そう、「自分なりに勉強する
これが大事なんです!

解こうと頑張った過程がかなり評価されます。
もちろん、ある程度解けないといけないとは思いますが、「過程」が大事です。

問題に対して「何をするために」「どうしたのか」「そしてどうなったのか」「どうするべきか」などなど様々です。

その思い、考え、どれだけ頑張ったかを伝えれる限り伝えましょう。
これらが出来ていれば大体受かると思います。

現に、私が課題や書き方などを教えた後輩の2人も無事受かることが出来ました。
つまり、必勝法で3人合格しています!笑

それなりに努力はしたと思いますが、死ぬほどかと言われればそうでもないです。笑

気になる方は是非応募したほうが良いです!
応募は何回でもできます!
課題を解くだけでも良い経験になります!

実際に行ってみて

課題は何とかでき、受かることができました。

しかし、特に特技や特別これができるものがありませんでした。
その状態でセキュリティキャンプを迎えました。

ええ、皆さん凄いやる気に満ち溢れて、ピカピカしていました。(**)/ マブシイッ!
変態ばっかです。

そして、凄い人がたくさんいました。
来ている講師やスタッフも変態。

↑これ悪口に聞こえますが、この業界からしたらこれほど素晴らしい褒め言葉は存在しません。

例をあげるときりがないですが、事前課題で当日やることを終えてしまった人もいました。
コンパイラを作り終えた人もいたり、、、

ええ、惨めです。笑

でも、凄くいい刺激になります。
大学4年の私でも凄くいい刺激と思うので、若い人はなおさらです。

今後

セキュリティキャンプはあくまできっかけ作り。
帰った後に得た知見を活かすことが大事です。

行ったことに満足せず、帰ってからも手を動かしましょう!

わからないことがあれば、コメントして頂ければ、答えれる範囲内で返信したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です