起動中のWebサーバの種類を検知

自動化スクリプトなどでは、起動中のWebサーバによって設定ファイルを自動で変えたい場合がある。
今回はそれを実現してみた。

lsofコマンドを用いて起動中のプロセスを確認することで実現している。

lsofコマンドの例
lsof -c nginx
lsof -c httpd

これを使い、以下のように動作中のWebサーバのを検知して動作を分けることができる。

Webサーバ検知スクリプト
if [ "`lsof -c nginx`" ] ; then
 echo "WEB server : nginx"

elif [ "`lsof -c httpd`" ] ; then
 echo "WEB server : httpd"

else
 echo "WEB server is not starting."
fi

意外と使う。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です